« 伊香保温泉旅行2日目 | トップページ | 伊香保温泉旅行お土産編 »

2008年10月22日 (水)

伊香保温泉旅行3日目

(伊香保温泉旅行1日目はコチラ
(伊香保温泉旅行2日目は
コチラ

10月18日(土)

さぁ、明朝は早朝温泉を楽しむぞ~!と昨夜寝る間際まで思っていたものの、いざ当日の朝には・・・ハッと目覚めると7時半・・という私が居る訳で 携帯電話の目覚まし機能を朝の5時半くらいにセットしておけば良いのだけど、普段毎朝目覚ましに起されている私のとしては、旅先くらい目覚ましに頼らず起きたかった。でもそれは無理だったみたい。

結局この日も朝バタバタ身支度をしたらすぐに朝食。岸権旅館の朝食は食堂でバイキング。朝の食べ放題ってちょい危険なんだよなぁ。食い意地が張ってる私は、朝食バイキングをたらふく食べ過ぎ、その日一日胃が重くて気分がすぐれない・・というアホな経験を何度か・・。毎回「今日は適量食べるぞ」とか思うんだけど、気付くと・・

20081018asa
(目の前で焼いてくれるオムレツ美味しい!)

岸権旅館の朝食バイキング、かなり良かった。まずは最近よく目にする「地産地消」をバイキングでも実践していること。無農薬の地場産野菜のサラダバーとか、地元農家のナントカさんのジャガイモを使った料理、温泉タマゴも有名な地卵、ウィンナーやベーコンも地元の工場だか農場だかの製品だって。パンは2種類しかなかったけど、どちらも朝旅館で焼いているとのこと、美味しかった。和食にしても洋食にしても種類が豊富で良いね。板さんが目の前で焼いてくれるオムレツもトロトロで美味!

朝食の後は部屋に戻って少し休憩してからチェックアウト。前日の福一の時とは違って、ロビーの前はチェックアウトを待つ人でごった返していた。今回福一と岸権旅館に宿泊してみての感想。両方とも良いところがあった。質の高いサービスや料理など旅館ステイを楽しみたいなら福一、黄金の湯を満喫したいのなら岸権旅館、と分けるのが良いかも。福一は岸権旅館より1人当たり1泊1万円以上も高かった分、やはりサービスも居心地も良かった。

岸権旅館は福一と比べてしまうとサービスや食事は劣るけど、温泉は比べ物にならないほど良かった。浴場をかけ流しで満たしてくれる黄金の湯。源泉から直で来ているから、湯船に注いでいる温泉を飲むことが出来る。この肌触りの良い温泉を堪能出来るというのは、美味しい料理やサービスに匹敵する気分の良さ。伊香保温泉、本当に良かったよー。また来たい!

チェックアウト後、「伊香保グリーン牧場」へ向かう。

20081018bokujo1
(入場料:大人1200円 子供(3才~小学生)600円)

20081018bokujo2
(牧場の至る所に大きなカボチャがゴロリ)

伊香保グリーン牧場は、現在秋祭りの期間らしい。ハロウィンの催し物も行われていて(カボチャ重さ当てクイズやカボチャ運びレースなど)、結構活気ついていた。暗くなる前には高速に乗りたいのであまりゆっくりもしていられない。面白そうなところを適当に見たり体験したりして回る。

20081018chichi
(息子は生まれて初めて牛の乳搾りを体験)

まずは乳搾り体験。ホルスタインの“りぼんちゃん”がお乳を搾らせてくれたので参加してきた。息子は初めて“牛乳”の元を見て「へぇ~」と目を丸くしていた。

20081018sheepdog
(なかなか見応えのるショーだった)

次はシープドックショーを見学。牧場の上の方に散らばっている羊を、牧羊犬が集めてくるというもの。賢い牧羊犬たちが見事に羊を集めてきて拍手喝采。犬に命令を出すお兄さんが外国の方(多分ニュージーランド辺りの人)で、たどたどしい日本語でマイクパフォーマンスをするのだけど、8割方何を言っているのか分からない。たまにアメリカンジョークのようなこともいうのだが、言葉の意味を理解するのに少々時間がかかるので、笑うタイミングが掴めない。んー惜しいネ!

20081018seep
(ハロウィンの帽子を被って味のある顔をしてる)

20081018dog
(むりやり握手をさせられ迷惑そうな牧羊犬)

その後はお昼になったのでランチ。この旅行を通してあまり食欲のない息子が、今回の旅で初めて自分から「ハンバーグ食べたい」と言ったので、喜んで注文してあげた。どうせ全部は食べられないから、私は息子の残りで良い。旦那はビーフカレー。それにしても高い。観光地価格なのは仕方ないけど、正直学食並の食事に1000円超えは悲しい。

20081018humburg
(冷凍ハンバーグでした 1050円)

20081018curry
(肉は小さなのが1切れでした 950円)

食事のあとは芝生で旦那と息子恒例の戦いごっこ。私はベンチに座ってその様子をボーっと見ていたのだけど、隣のベンチに置いてあった息子と旦那の荷物辺りから何やら視線を感じる。

20081018taro1

・・・・・・ん?・・・・・あーっ!(ズーム↓)

20081018taro2

わー、なんだチミは!

20081018taro3

どうも、ウルトラマンタロウです。タロウって呼んで下さい。

車に置いて来たとばかり思っていたけど、息子めぇ、タロウをリュックに入れて連れて来ていたのか。顔だけ出てて怖いよ・・。

旦那と息子の戦いは、息子の勝利で終わったようなので、その後はバター作り体験に参加してみることに。

20081018butter1
瓶に入った生クリームを激しくシェイクシェイクシェイク
    ↓ ↓ ↓
20081018butter2
しばらくするとこんな風に脂肪分と液体が分離する
    ↓ ↓ ↓
20081018butter3
スプーンで練りながら水分を出して出来上がり

出来上がったバターは好みで塩を混ぜてパンに塗って食べた。市販品のよりミルキーでくどくなくとても美味しい。なかなか面白い体験だった。これは参加費用600円。

そんなこんなしているうちに風が冷たくなってきたので、適当にお土産を買って帰途に着いた。帰りは土曜日のせいか混んでいて、関越道上りは花園インター付近からノロノロ運転になった。完全に止ってしまうこともあり、運転し難いよー。いつもなら川越インターで降りるけど、こんなノロノロなら下を走ってもいいや、と1つ手前の鶴ヶ島インターで降りて家路を急いだ。帰りは2時間掛かったけど、それでもやっぱり近いね。

あー楽しかった。次はどこに行こうかなー。

伊香保温泉旅行お土産編に続く・・・

|

« 伊香保温泉旅行2日目 | トップページ | 伊香保温泉旅行お土産編 »

コメント

初めまして。先日岸権に泊まり、今度は福一を検討しているため、福一で検索してこちらにたどり着きました。
とても詳しくかつ表現が的確なので、様子がよくわかりました。
お湯は岸権のほうがよかったですか~。確かに、緑を見ながら入る権左衛門の湯は良かったです。福一にも、緑を見渡せる露天がありますよね、あれよりもやはり権左衛門の湯でしょうか。
岸権の食事ですが、もし次回機会があれば「やまざと膳」がおすすめですよ。アワビステーキとソースが絶品なんです。

別の記事も楽しみに拝見させていただきますね。

投稿: ぼぬーる | 2013年8月26日 (月) 21時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 伊香保温泉旅行3日目:

» ⧉쿅 [温泉 Search Anything]
何気にはまってる温泉。インターネットには沢山の温泉に関連したブログやHPがあり... [続きを読む]

受信: 2008年10月23日 (木) 05時51分

« 伊香保温泉旅行2日目 | トップページ | 伊香保温泉旅行お土産編 »